腹痛を起こす毒物など

別に毒を盛られたわけではなくとも、世の中には毒物が氾濫しています。

アレルギー性の体質の人にとってアレルギー物質というのは、ある意味では毒物以上の毒物といえます。何を食べたか、摂取したかを正確に思い出さなくてはいけません。

とはいえ、毎日の食生活の内に何を食べたか、というのを完全に記憶してお くのは、通常なら難しいでしょう。
メモを取る習慣をつける、などと無理を言うわけにもいきません。ですので、現代では病院にてアレルギー検査を受けること が出来るため、それを利用するのが良いでしょう。

採血をして血液検査をする方法や、直接皮膚にアレルギー物質を塗布することで判断する皮膚検査などがあり ます。

毒物による腹痛という意味では、非常に簡単な例を挙げるとしたら毒キノコなどでしょうか。
これを食するとほとんどの場合は消化器官に中毒が起こり、腹痛と 同時に下痢などを引き起こします。

しかしこれと同じような症状は、実のところ他の食物でも見ることができます。
そう、腐った食物を食した場合などに、同様 の症状が引き起こされるのです。腐った食物というのは人体に悪影響を及ぼす毒素を持っているため、体内に毒素を取り込んで消化器官に異常をきたしてしまい ます。腐った食べ物も、基本的には毒と同じようなものなのです。

アレルギー性物質・腐った食べ物・毒物など、これらは自身の注意によってある程度は回避できるものです。危険そうな食べ物だったら、口にするのは控えるべきでしょう。

腹痛を起こす要因

↑トップ